結婚式のエンドロールを作成するメリット

結婚式では多くの映像を流すことが主流となっています。二人の慣れ初めや、プロフィールなどを上映することで、二人の結婚を祝福する気持ちが強くなります。しかし、エンドロールを作成する意味は他にあります。それは、新郎新婦が出席者へ感謝の気持ちを伝える場面でもあるということです。結婚式は多くの人が出席しますので、新郎新婦と直接話したりする時間が少ない場合もあります。せっかく時間を作って出席してくれたのですから、きちんと感謝の気持ちは伝えなければいけません。そのため、結婚式の最後で出席者の方の名前と、その方とのエピソードなどの一言メッセージを加えることで、伝える機会が増えます。とても重要な演出となっています。難しい映像を作成する必要がありませんから、簡単なエンドロールを作成するだけ十分です。ぜひ作成することをおススメします。

結婚式を盛り上げるエンドロール

結婚式を挙げるに当たって、様々な演出があります。数ある演出でも、人気があり、定番になりつつあるのが、エンドロールです。式を締めくくる、大切な役割があります。エンドロールには、式に出席した人の名前を流します。それに加え、一人一人にメッセージを伝える人が多いです。これには式に出席した人も、嬉しいのではないでしょうか。またそれに合わせる映像も、重要になります。その映像も様々で、式中の映像を短くまとめたものを流したり、新郎新婦の想い出の映像を流したり、出席者どの想い出の映像を流したり、前撮りの様子を流したりと、色々な映像を流せます。エンドロールの最中に流す音楽も、式を盛り上げる上で重要な役割を果たします。アップテンポの曲なら明るく、バラードなどなら感動して涙を誘うような演出が出来ます。二人の想い出の曲を流すのも良いでしょう。

結婚式のエンドロール

結婚式の最後には、エンドロールを流すことが今の主流となっています。ゲストへの感謝の気持ちを伝える手段としては、かなり良い方法です。ゲストの名前を流すことが多いですがその際には名前の漢字を間違えないようにすることや、名前を流す順番などがルールには注意しなくてはなりません。良かれと考えて流したものでゲストが不愉快な気持ちになってしまっては式や披露宴そのものが台無しになってしまいます。自分たちで作る方法もあれば、業者に依頼する方法もありますが、勿論業者に頼むとお金が必要となります。しかし、自分たちで作るとなると式の準備の合間に作らなくてはならないのでかなり大変になってきます。作る手間と時間のことを考えるのであれば、業者に依頼して任せてしまうほうが、お金はかかっても良い場合も多いのではないでしょうか。

会場様、ウェディングプランナー様用の特別料金プランもございます。是非お問い合わせください。 写真は何枚でも使用可能です。好みに合わせてオーダーメイドできるプロフィールビデオ。 当社の強みは感動できるビデオ制作で、結婚式で使用される映像を見ることで、感動できる製品を作成しています。 お客様のウェディングが思い出に残るものにするためにも、スタッフ一同サポートができるように工夫させて頂いております。 結婚式のエンドロールで華やかな演出を